園の紹介

「すべての基本はあそぶこと」

集中して遊びこむことから、子どもたちは多くを学びます。
「お友達におもちゃを貸してもらうには?」「お水をこぼさず運ぶには?」
「折り紙を上手に折るにはどうすればいい?」
自分の頭と体を一所懸命使うことでどんどんたくましく賢くなることもたちには、「座ってお勉強」は小学校になってからねと伝えています。

「みんな大事なこどもたち」

外国籍の子、支援を必要とする子、園にはいろんなお友達が集います。
礼拝では、欠席した子、世界のどこかで今つらい思いをしている人々のために祈ります。
自分以外の人のために祈ること、心を寄せること。
信仰の有無にかかわらず、思いやりの心をはぐくむ場となればと思います。

「食べたものがその人になる」

成長期のこどもたちの貴重な一食(とおやつ)を預かる責任を、重くやりがいのあるものと受けとめています。出来うる限りより良い食材と本物の調味料を使って、旬と素材の味を大事に、園内でていねいに作っています。
園内外の畑で園児が収穫したものが、食卓にのぼることもありますよ。

赤ちゃんから幼児期へ移行されるお子様方は、次のステップとしてしっかりとした子育ての方向性(方針)が問われる大切な時期です。
各ご家庭の方針に加えて教育機関としての幼稚園の存在はとても重要なことと思います。子育てについて悩んだり苦しんだりすることもありますが、子育ては同時に魅力あふれる楽しい務めでもあります。
是非ルーテル学院幼稚園でご一緒に楽しい”子育て”をしませんか。

「園の紹介」の説明はこちら

年間行事

「年間行事」の詳しい説明

毎月の色々なイベントを通して、
「考えや工夫する力」
「優しさや思いやり」を育みます。

園の一日

「園の一日」の説明はこちら

ルーテル学院幼稚園では豊かな遊びを通して、
心身の調和のとれた発達を促します。

入園案内

0歳から小学校就学前(5歳)の
お子様の教育・保育を行っています。
「入園案内」の説明はこちら